在宅生活に不安のある方等を対象に、集中的なリハビリテーションを実施しています。ご利用者の身体状況や生活環境によって活動向上目標を決め、生活機能の向上を目指します。

下記の基本方針にそって、ご利用者自身がその人らしい生活を送れるように支援します。

自立支援
ADL障害や認知症の軽減・緩和を図る
潜在能力を活用できるよう生活環境の整備
在宅復帰支援
ご利用者・ご家族のニーズに沿ったアプローチ
潜在能力を活かした介助方法の指導による介護量軽減

理学療法・作業療法
1,運動療法
[関節可動域訓練] [ストレッチ]
[筋力強化訓練] [歩行訓練]
[日常生活動作訓練] [エアロバイク]
2,物理療法
[温熱療法] [アイシング] [低周波]
※上記以外にも、ご利用者に合わせ様々なリハビリテーションを実施しています。

認知症短期集中リハビリテーション
認知症の方を対象に、その進行を出来るだけ遅らせ、その人らしい生活を継続できるように、個別にて20分間実施します。(週3回、ご利用開始日から3か月以内)
ご利用者の状態に合わせて、音読・記憶・計算問題・回想法などの記憶訓練、日常生活活動訓練を組み合わせたプログラムを実施します。
※短期集中期間(利用から3か月間)が経過した後でも、セラピストが必要であると判断すれば、継続して認知症リハビリを実施することもあります。

お気軽にお問い合わせください。0465-60-1555受付時間 8:30-17:00 [ 土・日・祝日除く ]